新潟ってどうなん?What is Niigata?

新潟市民による新潟の紹介!Introduction of Niigata by Niigata citizens

新潟県民は年末にカニを食べるってのはホント?

f:id:kenspiece:20190106124546j:plain

この日は12月31日の大晦日ということで、カニを買いに行ってきました!年末ということでカニを買いにいくのが毎年の私の役割になっているのですが、なぜ年末だけカニを買いに行くのでしょうか?買ってるのは私だけ?という疑念を抱きつつ、行ってきたのが、私の大好きな「ふるさと村」!!カニー待ってろぉよー!!

 

f:id:kenspiece:20190104164652j:plain

毎年、12月31日の大晦日は朝早くに「ふるさと村」に行ってカニを買うのですが、今回はいつもと違う異変が起きていました!!

それはどんな異変かというと、3800円と4000円のカニは大量にあるのですが、4500円のカニが朝の9時時点で売り切れていたというものでした。店員さんに聞いたところ、31日は朝の3時半から営業しており、早い段階で4500円のカニは売り切れてしまったとのことでした。さらに入荷の手配をしているけど、いつ入ってくるのかわからないとのことでした。夕方のニュースを見てわかったのですが、年末年始は新潟の鮮魚センターは朝3時半から営業しているところがほとんどで、さらにカニを大量に売っていることが判明しました。毎年、9時に買いにくれば4500円のカニはあったのに、今回は一体何が起こったのでしょうかね。とりあえず、大晦日の夜は美味しいカニを食べる人が多いということがわかりました。ちなみに、私は4000円のカニを3杯買い、そのうちの一杯を独り占めし、日本酒とともにとても美味しくいただきました!!

f:id:kenspiece:20190106143634j:plain

年が明けての1月2日にふるさと村に行った際は、4500円のカニが大量に売られていました。ということは、ピークはやはり年末になるのでしょうね。

 

年末にカニを食べる意味を考えてみた!

美味しいカニは、やっぱり贅沢ですね。一杯3800円としても十分高価な買い物です。さらに、美味しいカニは高いだけではなく、食べながら楽しめる、そして会話が弾むなどの効果があるんです。試しに、カニを買って帰ってみてください。独りで食べてても味気ないですが、みんなで食べるとテンションが上がって祭りになるかと思われます。我が家は、私がカニを買ってくるのはわかっているけど、買って帰れば皆テンション上がってるし、皆で食べるときにテンション上がって祭りになりますし、遠くに住んでいる妹夫婦まで遊びにきてしまうこともあります(笑)

ちなみに、この文章を書きながらわかったのですが、年末にカニを食べるのは、家族団らんのためでもあるのでしょう!!ただ、美味しいだけじゃなくて、皆で食べるから楽しくなるものとしてカニもアリなんですね。ということで、私のおススメするカニはこちらです。

f:id:kenspiece:20190106174022j:plain

小針水産のカニです。身がぎっしりしていて、毎年お世話になってます。通販もしているので、家族団らんのためにもいかがでしょうか。

 

こんな時だからこそカニを買う!

・爺ちゃん、婆ちゃんとケンカしたとき

・父、母とケンカしたとき

・奥さん、旦那さんとケンカしたとき

 

こんなときに美味しいカニを買って帰って謝ってください!

 

とにかく、美味しいカニを皆で食べると、幸せな気持ちになれます( ´∀` )

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

カニは年末に家族と食べるのもいいですが、通年通して食べられるカニもあるので、家族団らんのためにもいかがでしょうか!!