新潟ってどうなん?What is Niigata?

新潟市民による新潟の紹介!Introduction of Niigata by Niigata citizens

新潟に地ビールがあるって知ってる!??

      f:id:kenspiece:20190105142004p:plain 

全国第一号の地ビールである「エチゴビール」が新潟で作られていることを皆さんご存知でしょうか?新潟で酒といったら日本酒を連想される方がほとんどですが、実は地ビールというものがあるんです。それも、全国第一号となる地ビールです!

以下、エチゴビールのホームページから抜粋しました。

 

地ビールが誕生したのは、1994年の酒税法の改正でビール製造免許を取るのに必要な最低製造量が大きく引き下げられたことで、中小の造り手によるビール製造が可能になったことがきっかけです。このとき全国で一歩先んじてブルーパブを開き、地ビール第一号となったのがエチゴビールなんです。

1970年代後半から80年代にかけて、エチゴビールの創業者は日本を離れ欧州で演劇家をしていました。イタリアのローマを拠点に舞踊などを学び、演劇や映画に出演する日々を送る中で、絵本作家のドイツ人女性と出逢いました。バカンスシーズンは彼女の故郷レーゲンンスブルグへ遊びに行き、そこでドイツの豊かなビール文化を体験したのです。そして後に、これを故郷の新潟から日本に広めたいと考えたのが、エチゴビールの起点です。
エチゴビールのトレードマークであるビールを片手に微笑む雄ヤギのイラストはその絵本作家の女性によるものです。雄ヤギはドイツやチェコでは多産・豊作・商売繁盛のシンボルです。

私たちエチゴビールは、この創業の物語と志を忘れず、日本さらに世界のビールという大きな舞台で、生き生きと演じる役者でありたいと願っています。ここで働いている一人ひとりも、それぞれの人生という舞台で、夢を語り、ドラマの主役を演じています。そして、飲み手であるお客様のドラマを、精一杯応援したいと思っています。

 

では早速買いにいきましょう( ´∀` )

 

f:id:kenspiece:20190104164652j:plain

ということで、今回も私が大好きな「ふるさと村」でエチゴビールを買ってきました。ふるさと村は大抵の新潟の物産が販売されているので通年行けるおススメスポットですね。

 

さっそく買ってみる!

f:id:kenspiece:20190105143515j:plain

エチゴビールは色々な種類があるので、今回はシンボルマークが記された箱の六本セットを購入しました。1800円くらいでした。

あわい~こい、スッキリ~コクまで楽しめるので、帰って飲んでみます!!

f:id:kenspiece:20190105143823j:plain

 

さっそく飲み比べ!ただ飲みたいだけ(笑)

f:id:kenspiece:20190105144211j:plain

家に帰り、義弟を呼び出し飲み比べスタートです。

私:「いつもスーパードライだからこういうのもありだね!」

義弟:「昼から酒飲めるなんて最高!!」

私:「まずはちょっといきますか!」

ちょっとずつ飲み・・・

私:「なんか違うね」

義弟:「違いますね」

何かが足りない・・・あっ!!

私:「ビールってつまみ必須じゃね!???」

義弟:「!!!」

私:「かぁちゃーんツマミだしてぇ!」

私が酒を買ってくることをいいことに義弟が刺身を、そして母がベーコンとのっぺを用意してくれてました。それらを堪能しながら飲み比べを再スタート(笑)

f:id:kenspiece:20190105145041j:plain

料理があるとお酒っておいしいよね!ということで、飲み比べというよりも話をしていたら全部飲んでしまってました(´;Д;`)

 

結果発表!!

いつのまにか飲み干してしまった3人ですがちゃんと味わってました(笑)

みんな同じ意見で、やはりエチゴビールはビールなので刺身や煮物とはあまり合わないのですが、ベーコンとの相性は抜群でした。そんな中でもホワイトエールはベーコンと相性抜群でした。調べてみたところ、ホワイトエールは南ドイツの伝統的なレシピが基になっているとのことだったので、ベーコンと相性抜群だったようです。そもそもエチゴビールアメリカへ輸出向けに開発されているビールということもあり、肉との相性はとにかく抜群なので、私が好きなスーパードライを凌ぐ感じがしました。ということで次回はバーべーキューのときにスーパードライと飲み比べしたらどうなるかをお伝えしたいと思います!ということで、乞うご期待!!