新潟ってどうなん?What is Niigata?

新潟市民による新潟の紹介!Introduction of Niigata by Niigata citizens

新潟県民も知らなかった新潟の人気海水浴場ホントのランキング

新潟人気海水浴場市町村別TOP5

f:id:kenspiece:20190102182437p:plain

上の表は2017年の新潟県の海水浴場を訪れた観光客の地域別統計表で新潟県が公表しているものです。この表から県外からの観光客のランキングをまとめると以下のようになります。

 

No1.上越市  364,570

No2.柏崎市  337,750

No3.糸魚川市 118,020

No4.新潟市  102,500

No5.長岡市       80,250

 

総数を見ると順位が入れ替わります。

No1.柏崎市  601,230

No2.上越市  405,960

No3.新潟市  318,250

No4.糸魚川市 137.680

No5.長岡市     116,660

新潟人気海水浴場浜辺別TOP5

また、浜辺別のランキングは以下の通りでした。

 f:id:kenspiece:20190102194411p:plain

市町村別ランキングの上位2つの柏崎市上越市がTOP5を独占し、新潟市の関屋浜は年々ランキングを落としている状況です。新潟市の角田浜は、なんとかベスト10を維持している状況ですね。

  

新潟県の海水浴場を考える

新潟県の海水浴場は近隣の内陸県から車でのアクセスがしやすい上越・柏崎に集中していることがわかりました。関東から新潟の海にくる場合を考えても、柏崎市の方が新潟市よりも近いということが人気の理由の1つなのでしょう。また、柏崎市民も海水浴に出かける人が多いというのが「海の街」と言われる所以なんですね。一方、新潟市の海水浴場で見かける県外の車は大抵が福島なので、やはり磐越道からは新潟市、関越道からは上越・柏崎に流れていると考えられますね。

じゃぁ飛行機・新幹線・バス・電車で新潟にきた観光客はどこの海にどうやって行くべきか?

ズバリ海に行ってないんですね。何故なら新潟の海に行く場合は、車がないと不便だからです。車がなくても、交通手段が不便なものしかないので、やはり飛行機・新幹線・バス・電車で来た観光客は「海に行く=新潟」とはならないんですね。でも、新潟県民として日本海の海の匂いを感じてほしいですね。思い出しただけでも夏が待ち遠しくなってきます(笑)

 

ということで、新潟市にも素晴らしい海水浴場があるので紹介させていただきます。実際に車できた人向けプランや飛行機・新幹線・バス・電車で来た人向けのプランは別記事で紹介させていただきます。

 

新潟市の海水浴場を紹介

島見浜海水浴場

砂浜が広々とした海水浴場。地引き網体験や隣接する「海辺の森キャンプ場」で気軽に宿泊やバーベキューなどを楽しむことができます。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市北区島見町
駐車場:400台
公衆トイレ:あり(仮設)
浜茶屋:6軒

山の下船江町浜海水浴場

全域消波ブロックで囲まれている穏やかな波の海水浴場。飛行機やカーフェリーなどを眺めることもできます。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市東区船江町1丁目
駐車場:130台
公衆トイレ:あり(山の下海浜公園内)
浜茶屋:なし

 

日和山浜海水浴場

昔ながらの風情が残る下町エリアにある海水浴場。展望台も隣接しています。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市中央区西船見町
駐車場:80台
公衆トイレ:あり(仮設)
浜茶屋:2軒

関屋浜海水浴場

市内中心部から近く、消波ブロックと縦堤が整備されている穏やかな波の海水浴場。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市中央区関屋
駐車場:650台
公衆トイレ:あり(西海岸公園内)
浜茶屋:20軒

青山海岸海水浴場

広い砂浜が特徴の海水浴場。夕日の鑑賞スポットとしても有名です。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西区青山
駐車場:260台(なぎさふれあいセンター)
公衆トイレ:あり(なぎさふれあいセンター内及び仮設)
浜茶屋:3軒

内野浜海水浴場

新川河口に隣接する海水浴場。遠浅の砂浜で離岸堤や縦堤に囲まれています。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西区五十嵐
駐車場:なし
公衆トイレ:あり(仮設)
浜茶屋:なし

砂浜が広く、なだらかな砂丘地にハマグミや月見草が咲く自然美あふれた海水浴場。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西蒲区越前浜
駐車場:200台
公衆トイレ:あり
浜茶屋:2軒

角田浜海水浴場

県内外から多くの海水浴客が訪れる海水浴場。角田浜キャンプ場や角田岬灯台などの名所・旧跡も隣接しています。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西蒲区角田浜
駐車場:3,000台
公衆トイレ:あり
浜茶屋:9軒

間瀬下山海水浴場

越後七浦シーサイドラインの中間に位置し、遠浅で透き通った海ときれいな砂浜の海水浴場。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西蒲区間瀬字下山
駐車場:70台
公衆トイレ:あり
浜茶屋:2軒

 

田ノ浦海水浴場

岩山が迫り出したプライベートビーチのような海水浴場。

所在地:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西蒲区間瀬字田ノ浦
駐車場:300台
公衆トイレ:あり
浜茶屋:なし

 

注意が必要な海水浴場

関屋浜だけは、新潟県の他の海水浴場と異なる性質があるので注意が必要です。というのも、関屋浜は浜茶屋が多くあるので一見良さそうですが、その浜茶屋があることと楽しい公園が隣接されていること、マリンピア日本海という水族館が近くにあること、などのために海水浴期間の土日は時間帯によっては辿り着くまでに激混みします。なので、土日の場合は、なるべく朝10時くらいまでに到着できるようにしないと浜辺から遠い駐車場になることがあるので注意してください!

 

おススメしたいプランは別記事にて紹介させていただきます!